服の処分は燃えるゴミ?ファスナー付きや大量に捨てるときのルールは?

服の処分は燃えるゴミ?ファスナー付きや大量に捨てるときのルールは? お役立ち

着なくなった服や着古して傷んでしまった服の処分は燃えるゴミで出していいのでしょうか

 

Tシャツやカットソーなら悩むことも無く燃えるゴミですがパーカーやボタンシャツはそのまま捨てられるのか、すべてのパーツを外すのかで迷います。
また、成長期の子どもがいるとサイズアウトで着られなくなった服が大量発生することも。

 

今回は知っておかないと困る「服の処分方法、ファスナー付きの衣類や服を大量に捨てる方法」について調べてみました。

スポンサーリンク

【服の捨て方】基本は「資源ごみ」

自治体のルールによって衣類の分別は異なりますがたいていは、状態が良い衣類は燃えるゴミではなく「資源ゴミ」

 

札幌市:家庭で不用になった衣類は回収しているので「古着の無料回収」へ出す。
また、綿50%以上のシーツ・タオル・下着などの布類は「古布の無料回収」へ。

 

大阪市:衣類(ジャケット、シャツ、セーター、コート、スカート、ズボン、ジーンズなど)は中身の見えるごみ袋に入れて「古紙・衣類収集の日」に出す
※下着類も対象ですが見えないようにして普通ゴミでも可

 

京都市:リサイクル可能な古着は地域の集団回収(コミュニティ回収),区役所・支所(月2回)などの回収拠点や移動式拠点回収に出す。

 

福岡市:家庭で不要になった衣類、使わなくなったタオルなどは古着・古布の回収で出す。
また、まだ着られる衣類はリユースを行っています。
※回収した古着・古布は、「反毛綿(はんもうわた)」にして車の内装材としてリサイクルされる

【服の捨て方】傷んだ服は燃えるゴミ

傷みや汚れがひどくて再利用できない服は「普通ごみ・燃えるゴミ」として出すことになります。

自治体によってはポリエステル・ナイロン・レーヨンなどの化学繊維が不燃ごみになるところもあります。

 

古着として回収される資源ごみはリユースが前提なのでボタンやファスナーを付けたまま出すことができます
ですが自治体によって分別方法やゴミの出し方のルールが違うので、ホームページなどで確認してからゴミを出しましょう。

 

燃えるゴミで服(衣類)を出すときの注意点
袋の外から見て女性の服だとわかると、中身を漁られたり持ち去られる危険性があります。
透けて見える部分は紙などで隠したり、見えないように包んでからゴミ袋に入れて捨てることををおすすめします。

 

引っ越しなどで数か所で生活し、ゴミを出してきましたが『衣類のファスナー』に言及したゴミ分別をしている地域はありませんでした。
たいていの地域で、ファスナーやボタンの付いている服は“燃えるゴミ”扱いになっているようです。

服を大量に捨てる場合

引っ越しや大掃除などをきっかけに服を大量に捨てる時の注意点です。

自治体によって違いはありますが、ゴミ出しは1家庭あたり1回につき3袋以内などと個数が決められていることがあります。

 

住んでいる地域の回収ルールをしっかり確認してからゴミ出しをしましょう。

 

ファスナー付きの衣類は燃えるゴミで出せる?

ファスナーやボタン、フックなどの金属やプラスチック部品の付いた衣類の分別は自治体によって違います。

 

多くの自治体でのルールでは、衣類の処分は資源ごみと燃やすゴミに分別します。

まだ切られる服はそのまま古着・布類など資源ゴミの回収に。
それ以外の傷んだ服や汚れた服は燃やすごみ(燃えるゴミ)で出すことになります。

 

まれにですが、焼却炉に予算がかけられない地域などでは分別ルールが細かく指定されていることもあります。
そういう地域では、ファスナーなどの付属品を外して分別するように指定されているので、可能な限り切り離したりして外します

 

外したファスナーなどは金属は不燃ゴミ、プラスチックは燃えるゴミになりますが、これもやはり自治体によって違うので確認が必要です。

面倒ですが、自分が住んでいる自治体分別のルールをよく確認してから分別しましょう。

さいごに

購入するときに「捨てるときのこと」を考えていたら何も買えなくなってしまいます。
でも捨てるときは分別するのがとても面倒なので、買うときに一度考えることも必要かもしれません。

たいていの服はまだ着られるなら売ってしまうか資源ごみ、傷んでいたり汚れがあれば古布か燃えるゴミになります。
綿素材の服なら小さく切ってウエスとして家で掃除などに使えるので、できるだけリサイクル・リユースしていきたいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました