サルスベリの花の時期っていつ?咲かない原因3つ! | 家の庭のサルスベリがしょぼい

身近な植物

夏に花が咲く樹木の中に「サルスベリ」があって庭にも植わってます。

同じ地域ではすでに咲いているのに、家の庭のサルスベリはつぼみすらついてない、あるいは咲いてもしょぼいというのが毎年続いてます。

『なんで家のサルスベリは他と同じように花が咲かない?』

サルスベリは夏を代表する花木。では開花時期はいつなんでしょうか。

「サルスベリが咲かない原因」とは何なのか、そして家のサルスベリもそれが当てはまるのか調べてみました。

スポンサーリンク

サルスベリの花の時期

サルスベリ(百日紅、猿滑、紫薇)

ミソハギ科の落葉中高木

原産地 中国南部

開花期 7~10月

サルスベリの開花時期は、梅雨明けの時期である7月頃から開花し始めます。
花の終わりはだいたい10月頃。

真夏にも花を咲かせるのが特徴といえます。

サルスベリの花木の特徴

樹高  2~10mほどに生長
葉っぱ つやのある濃い緑色の葉が互い違いに生えている
樹皮  色は白く、なめらかな手触り

花   縮れた花びらで小さな花がまとまって咲く

“サルスベリ”の名はつるつるとしたなめらかな樹皮は猿も滑って落ちてしまうという様子からきています。

サルスベリの匂いは?

サルスベリから良い香りがする、という印象はまったくありませんが、それなりに香りはあるようです。

調べたところ「粉っぽいおしろいのようなにおいがする」とのことでした。

だいたいのサルスベリは背が高いので匂いを嗅ぐ機会は少ないかもしれないけれど、機会があれば匂ってみたいと思っています。

花の香りは言葉で表現しにくいんですよね('ω')

おしろいのような匂いというのも、わかるようでわからない、微妙な香りな気がします。

サルスベリとキョウチクトウ

サルスベリをちゃんと認識するまではキョウチクトウの区別がついてませんでした。

どちらも夏を代表する花木というところが似ています。

サルスベリ

葉  先が丸い

 

 

キョウチクトウ(夾竹桃)の特徴

葉  竹の葉のように細い
花  桃の花に似ている

サルスベリが咲かない原因3つ

サルスベリは庭に植えておくだけで毎年花がよくつくかというとそうではないようです。

実際、家の庭にあるサルスベリは毎年花の付き具合が違います。

 

サルスベリの花が咲かない原因は3つあります。

サルスベリの花が咲かない原因1 日照不足

サルスベリは日当たりが良い場所で多くの太陽の光を浴びて、よく育ちます。

いっぱい光合成することでエネルギーを作ってたくさんの花を咲かせるということです。

日当たりが悪く、日照不足になると光合成できる量が少なくなってエネルギー不足になり、花を咲かせることができなくなります。

 

サルスベリの花が咲かない原因2 肥料不足

肥料はなくても、普通はサルスベリは花をつけます。

でもあまりにも肥料不足になれば、それなりに花のつき具合は悪くなります。

 

日当たりが良い場所にあるサルスベリに花が咲かないのであれば、肥料が不足しているのが原因かもしれません。

 

サルスベリの花が咲かない原因3 剪定が悪い

サルスベリの花が咲いているのは太い枝の部分ではなくて細い枝のところになります。
ということはサルスベリの花が咲くのは春から伸び始めた若いということ。

 

その年の春に生えてきた新芽が枝となる

その枝に花を咲かせる

 

その年の春に出てきた新芽を剪定してしまったことでサルスベリに花が咲かないことがあります。

 

剪定する場所や時期を間違えると、夏の開花時期に花が咲かない原因になるということです。

逆に剪定をしないでほったらかしにしておくと、小枝ばかりになって花が咲かなくなります。

 

花が終わった後、秋冬に伸びた枝を強剪定するのが良いようです。

強剪定・・・太い枝を短く切りつめること、枝や芽を切り落とすような剪定

 

サルスベリの強剪定は幹の部分にくるぶしのような拳骨のかたまりっぽいごつごつしたところで枝を切ります。

サルスベリの強剪定の時期は11月~2月が適しています。

 

サルスベリの花が咲かない原因(補足) 水不足

庭木にはあまり水やりをしないと思います。

サルスベリも普通はわざわざ水やりはしないですが、日照・肥料不足でも剪定ミスでもない場合は花がつかない原因に『水切れ』が疑われます。

スポンサーリンク

サルスベリの育て方で気になる水やり頻度

庭木などの地植えの場合は水やりはほとんど必要ないです。

ですが、日照りが続いて地面がとかなり乾燥しているときは水やりをします。

 

日当たりが必要なサルスベリですが、真夏のカンカン照りが続きすぎる場合は水不足になって花がつかない原因になることがある、ということです。

うちのサルスベリの花が咲かない原因とは

近所のサルスベリは花盛りなのに、庭の木はまったく花がつかない。

なんでかと思って、母に聞いてみたらどうやら父が剪定しすぎたらしい・・・。

そんなに切りすぎた時期があったのかは知りませんでしたが、「剪定ミス」が原因で、家のサルスベリは花が咲かないということが分かりました。

 

とはいっても全然花が咲かないわけではなくほそぼそとつぼみがついて花が咲き出しています。

剪定しすぎたシーズンを乗り越えて、次の年はそれなりに持ち直してきたみたいです。

 

でも周辺地域のほかのサルスベリとの開花時期がかなりずれる理由も気になります。

家の建物の西側に植わってるサルスベリ。
もしかすると、普通に日照不足なのかもしれません。

一般的なサルスベリの開花時期内には咲くけれど真夏に花をたくさん咲かせることのない我が家のサルスベリ。

9月に入ってちらほら咲きはじめました。

 

庭のサルスベリの根本には萩が植えられてます。
ハギは7~9月が開花時期でちょうどそのころに花が咲いています。

萩よりもサルスベリのほうがはなの咲きはじめが断然遅いです。

サルスベリの花言葉

花ではなく花木であるサルスベリ。
なんとなく気になったので花言葉ってあるのか調べてみました。

花木にも花言葉ってあるんですよね。

花言葉
『雄弁』『愛嬌』『不用意』『あなたを信じる』『潔白』

さいごに

サルスベリの開花時期は7月から10月。

花が咲かない理由は「日照不足」「肥料不足」「剪定ミス」とあと「水不足」がありました。

家のサルスベリの木は剪定ミスに続いて剪定していないシーズンがあったので咲かない→花が少ない、となったのかと予想しています。

ついでに言うと家の西にあるので日中の日照不足もあるかも。

来年はたくさん花を咲かせてほしいので、父には剪定を頑張ってもらおうと思います。

庭にいるとすぐに蜂が寄ってきて恐ろしいですが剪定時期は11月から2月がベストなので、蜂に悩まされることなく剪定できるはず。

来年の花盛りに期待したいです♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました