クリスマスツリー,ニトリが売り切れで購入の楽天3千円台120㎝をレビュー

過ごし方

子どもが生まれて7年目のクリスマス。

7年間、クリスマスにクリスマスツリーがなくてもいいやと思ってきました。

ついに今年の11月にクリスマスツリーの購入を決意!

きっかけは母子移住。気持ちも新たに、まさに新生活を始めた年なのでクリスマスツリーを飾ってみることにしました!

思えば自分自身、小学生時代はリビングにクリスマスツリーがあって、飾るときにテンション上がったなーと。子どもの記憶に、いい思い出が残るように頑張って演出していきたいと思います。

スポンサーリンク

狙うはニトリのクリスマスツリー

忘れもしない11月28日、ニトリのサイトで120㎝のヌードツリーが900円台で売っているのを発見!
トップスターとオーナメント、送料を入れても低予算で納まりそう・・・とチェック。

『12月に入る前に買わなきゃなー』と11月29日に買い物かごに入れようとすると、なんと品切れ!

大ショックでした・・・。

まさにコレ↓状態。

楽天、Amazonを探しても120㎝で1,000円以下のクリスマスツリーなんてない!

Amazonなんて、やけに値段の高いツリーしか見つからない。オーナメント&LEDイルミネーション付きにしても、やっぱり高い!

楽天3,000円台120㎝のクリスマスツリー購入

ニトリでヌードツリー&オーナメント&トップスターをそろえる計画が崩れたので、一から探し直し。

予算はニトリ気分のまま3千円台。

ブラックフライデー期間の楽天で買いました。

レビュー数が多いものをいつもは選ぶのですが、予算内の商品はレビューの多いものがあまりありませんでした。
120㎝って微妙な大きさなんですよね。

どうせ買うならって、みんな180㎝のツリーを買っているのでしょうか。
部屋が大きいから、大きいクリスマスツリーを飾りたいのですが、また引っ越す予定なので、大物は避けたかった。

 

ついでに、ライトなんてなくてもいいやと思っていたのですが、オーナメントとライトのセット商品ばかりで、『あるならあるでいいかな』と。

レビュー

思ったより小さい箱でした。

 

長さ69㎝の段ボール箱に梱包されていました。

 

あれ?

ツリーがむき出し。

こんなもんかーとあきらめて組立て作業に入ります。一緒に開けていた娘7歳は全く気にしていません。

ツリー本体部分が2分割されています。

土台パーツ:3つ

オーナメント:3袋

LEDライト:1箱

本体の足元に土台パーツをはめ込んでいきます。

最初、土台パーツだけで組立てようとして、手が止まりました。

説明書が入っていない!

これ普通?

土台を付けて起立!

自立!!しっかりしてます。

足元が小さい気がしますが、120㎝のツリーだからこのくらいで大丈夫みたいです。

もし倒れても被害が少ないのもあって120㎝を選んだんだもん・・・。言い訳ではなく。

 

なにこれ?どうするの?

と思ってしまいましたが、これを広げて茂らせていくわけですね。

はいはい!とすべてを広げていきます。

どんなに頑張ってみても、スカスカ感は否めない。

 

真ん中の結合部分に上パーツを差し込みます。

ほぐしていかないと出てこない部分でした。

スポンサーリンク

トップ近く。

なんか折れてる?

この長い部分、不自然です。

広げて、合体して、さらに広げて完成です。

てっぺんの長い部分を立ててみました。

これが正解かな?

ちなみに、トップスターはセット内容に含まれていません。

付ける部分もありませんが、ニトリとかカインズで買ったお星さまを付けることはできるのではないでしょうか。かなり無理やり(もしかしたら紐でくくる)な荒業が必須かもしれません。

LEDライト!

これ、めちゃくちゃ長かったんですけど。

販売ページを見ると 「200球」とのこと。

120㎝ツリーには多すぎます。

日曜の昼食後に出したのですが、ご飯を早く食べ終えて取り合うようにオーナメントを飾る子どもたち。

オーナメントが少し小さいかなー。

100均で売っていそうな商品でした。

何個か紐が取れてしまっている松ぼっくりがいます。

 

さて、長すぎるLEDライトですが、いい感じに飾っていきたいと思います。

フックがあればいいのですがなかったので、使っていないカーテンのパーツをつかいます。

これを壁にマステで貼り付けて、

壁にかけてデコレーション。

こんな感じになりました。

もう少し改良の余地がありそうですが、子どもが大喜びです。

114㎝の娘と101㎝の息子。身長と同じくらいのクリスマスツリーでした。

クリスマスツリーを飾って分かったこと

なくてもいいやと思っていたクリスマスのデコレーション。クリスマスツリーですが、やはりあると全然違うということが分かってしまいました。

 

イベントや行事をお祝いしたり、盛り上げたりするのは、子どもにとって大切な子ども時代の思い出に必要なのかもしれません。

クリスマスについては心の中では『キリスト教徒じゃないしなんか変』と思い始めた私。

イルミネーションやクリスマスの飾りを見ると、心がウキウキしてしまうのですが、本来のクリスマスとはかけ離れた日本人のクリスマスイベントが気になってしかたありません。

個人的にはクリスマスよりお正月を盛り上げていきたいのですが、やり方が分からない。

子どもが小さいうちは、クリスマス飾りやイブのクリスマスケーキとご馳走を楽しませてあげられるようにしていきたいと思います。

クリスマスツリー120㎝3,000円台のレビューまとめ

120㎝のクリスマスツリーは迫力に欠ける。ただ、子どもが小さいのであればまだ満足してくれる!ということでした。

これ、ライトがないと、テンションがそこまで上がらなかったかもしれません。

そして、飾った後に気づいたのですが

ニトリのセットクリスマスツリーのほうが良かったかもしれないです。

トップスターとツリースカートがついてるんですよ!

クリスマスツリーの足元がしょぼくて気になってたんですが、自作するのは面倒くさいし材料そろえるの大変。ふわふわのファーを置きたいのですが、予算オーバー。

柔らかげな毛布をそっと置いてみようかともくろんでいます。

数年後には180㎝のクリスマツリーか、本物の生木のクリスマスツリーを手に入れたいと少しだけ目標にしています。

 


こんな風に庭に植えて飾りつけしたいものです。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました