うんこドリル「気持ち悪い・汚い!」人気でも避けてた、が1冊買ってみた感想

おもちゃ・本

新型コロナウイルスの影響で学校が休校。

家で子どもに勉強してもらいたくて
ドリルをネット通販しようと物色してたら
Amazonで「うんこ総復習ドリル」が売り切れてた!

人気が出始めのころの感想は
『うんことか・・・汚いし気持ち悪いし人気でも嫌』

だがしかし、「乗り遅れたらダメだ」感が出て
公式サイトで購入してしまいました!

他にもドリルあるのについ人気っぷりに流されてしまいました。

そんなうんこドリルについての私の感想、
実際に使っている子どもの感想を紹介します!

スポンサーリンク

うんこドリルって?

うんこドリルというのは「勉強が楽しくなるドリル」のこと。

 

大人になると大っぴらに口にするのも
はばかられる単語。

逆に子どもはめちゃめちゃ好き!

口にするだけで意味なく大笑いする魔法の言葉なんですよね。

 

「うんこ」という言葉の魅力を使って
勉強を楽しく、好きになれるように
作られているドリルなんです。

 

うんこドリルの中身はどんなの?

うんこドリルは年齢・学年別に
未就学児~小学6年生まであります。

未就学児用のひらがなだけでも
「3・4さい」
「4・5さい」
「5・6さい」
とバリエーションが豊富。

 

ドリルの中身はというと
ふんだんに“うんこ”が使われていて
イラスト・問題文にいたるまで
数多くのうんこがちりばめられているのです。

 

ドリルに取り組む真剣な我が子の口からは
たまに

「うんこが~・・・」

と問題文を読み上げる声も。

家庭内のモラルが不安になってきます(´・ω・`)

うんこドリルの感想

今回買ったのは学年の総復習として
1年生の総復習ドリル。

カラフルです。

2年生の先どりも。

 

掛け算の表が付いています。

切り離して壁に貼れます。

 

アルファベットの表もありました。

総復習ドリルとしてはすごく良いと思いました。

なんといっても掛け算の表がある!

掛け算に興味が出てきている娘にはピッタリです。

壁に(トイレの)貼っておこうと思います。

 

 

肝心の復習問題はこんな感じです。

 

「うんこ学園」に登録すると
ゲーム感覚で勉強したりできます。

ポイントを集めるとグッズと交換できるので
娘に頑張ってもらいます!(^^)!

スポンサーリンク

 

「うんこ学園」登録。

アマゾンでは売り切れていたので
公式サイトから購入した私。

画面がなかなか面白いです♪

実際に子どもが使ってみた感想

使ってみてどんな感じか、子どもにきいてみると
「面白いよ!」とのこと。

 

あまり勉強が好きではない娘ですが
新しいドリル、噂のうんこドリルということで
テンションが上がっているようでした。

1ページか2ページでいいのに
最初から6ページくらいやっています。

 

シールを貼っていくのでそれも楽しみのよう。

うんこドリルの口コミ

大判カラーで答えを書きやすく、取り組みやすいです。
子供は面白がってどんどん取り組むことができます。
でも簡単過ぎてどんどんできて
問題数が少なすぎるので数日で完了してしまいました。
楽しそうに勉強できて良かったです。

 

やはりうんこだらけなので下品だというのは仕方ない。
面白さが全面に出ているので子供はとっつきやすいのでは。

 

他のドリルだとイヤイヤでも
うんこドリルだけはノリノリ♪
笑いながらどんどんやってくれるのでうちの子にはピッタリ。

 

確かに量の面でいうと少ないな~という感想は
私も持ちました。

勉強が好きで、ほっておいてもどんどんやるタイプの子向きではないのでしょうね。

とにかく勉強嫌い、ドリルなんて買ってあげても
手を付けない、という子
やる気を持ってもらうのにはいいかもしれません。

 

ただ、“うんこ”にウケて頑張る子と
全然ダメな子もいるので性格にもよるでしょうね。

 

うんこドリルを買ってみた まとめ

幸いうちの子どもは女の子ですが
うんこがウケるタイプなので、ハマってくれました。

 

新しいもの好きというだけかもしれませんが
新品のドリルや本は大好きですぐに飛びつきます。

だから、勉強嫌いな子にピッタリの学習法
「薄いドリルをたくさんこなす」というのが合っているんですよね。

自分がどれだけたくさん勉強したか、
達成感を積み重ねる経験をさせるにはもってこいです。

 

ドリルばっかり買わなくてはいけないという
デメリットもあります。

何度も同じドリルを使ってもらいたいのですが

解ききったドリルをもう一度使う、
間違った部分をノートに解きなおす

というのが嫌いなんですよね。

 

新しくないと興味がないというか。

 

親が問題を作ってあげるというのも効果がありそうですが
暇もセンスもない(センスが必要かは不明)なので
市販のドリルに頼りっきりです。

少なすぎる、うんこというモチーフが汚いというのは仕方ない・・・
楽しく勉強する娘を見て、今のところは大満足です!!

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました