マカロンの日持ち・賞味期限は長い?どれくらい?冷凍保存で長持ちさせて

マカロン日持ち お役立ち

見た目も可愛くてプレゼントにも喜ばれるスイーツといえば「マカロン」!
女子はみんなマカロンが好き…とは言い過ぎかもしれませんが、かなり人気があるのは確かです。

プレゼントにピッタリのマカロンなんですが日持ちがあまりしないのが残念な点で、前もって早めに購入できないんですよね。

 

今回はマカロンの日持ち・賞味期限や長持ちさせる冷凍保存についてまとめました。

 

スポンサーリンク

マカロンの日持ち・賞味期限はけっこう短い

手作りのマカロンも市販のマカロンも基本的にはあまり日持ちしません。
賞味期限は冷蔵で1~3日ほどが目安となります。

手作りのマカロンで生クリーム・生のフルーツが材料に含まれる場合は当日中、長くても翌日には食べきるようにしましょう。

 

冷蔵販売されている市販のマカロンも3日くらいで食べきる方が良いでしょう。

常温販売されているマカロンなら夏場は1週間、冬場は2週間くらいの日持ちがします。

商品によって賞味期限にバラつきがあるので、パッケージ記載の賞味期限を守るようにしてください。

例:ピエール・エルメのマカロンの日持ち

一番美味しいマカロンとも言われ、絶大な人気のピエール・エルメ。
通販でのお取り寄せもできるので、一度は味わっておきたいですね♪


ピエールエルメのマカロンの通販はクール便で配送され、日持ちは到着日から約5~6日となっています。
要冷蔵商品なので到着後は冷蔵庫に入れます。

 

マカロンが傷むとどうなる?

傷んだマカロンは見た目で『ヤバい』と気づくことができます。

・中のクリームやガナッシュが溶けてどろどろ
・マカロンの皮(生地)が湿気ている
・マカロンの皮(生地)が水分をすってべちゃっとなる
・カビが生える←最終段階

 

マカロンの中身(サンドされている部分)は“ガナッシュ”と呼ばれ、主に生クリームやチョコレートを使って作られます。

生クリームを使うので、消費期限が過ぎたものや傷んだものを食べてしまうとお腹を壊してしまう可能性が高いです。

もったいないですが、悪くなったマカロンは潔く捨てましょう

 

マカロンの冷凍保存

マカロンは卵白・アーモンドプードル・砂糖をメインとする焼き菓子です。

間にはさむのが常温でも大丈夫なジャムやチョコレートであれば常温で1週間ほどは保存できます。
生クリームを使ったクリームがサンドされているマカロンを長持ちさせるなら冷凍保存することです。

 

マカロンを冷凍した場合、保存期間は約1か月ほどになります。

 

【マカロンの冷凍方法】

一つずつラップに包む。
フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて冷凍庫へ。

 

【冷凍マカロンの食べ方】

解凍せずにそのまま食べることができます。

 

ちょっと固いな、というときは自然解凍で溶かしてから食べると良いでしょう。
半解凍くらいが美味しいという人もいますね。

 

さいごに

コンビニでも冷凍のマカロンが買えたりと気軽に食べることができるマカロン。
スイーツの中では日持ちするほうですが、消費期限は3日~1週間くらい。

手作りしたマカロンは冷凍保存すればいつでも食べられるので、常備しておいてもいいかもしれませんね♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました