お墓参りの花の値段はどれくらい?花なしや仏花が造花ってあり・なし?

お墓参りの花の値段はどれくらい?花なしや造花ってあり・なし? 行事・イベント

お盆やお正月、お彼岸のお墓参りで気になるのが花のこと

仏花と呼ばれるおそなえのお花はいくらくらいの値段なのか、生花にする決まりがあるのか、実は造花でもいいんじゃないのか

年に数回のことですが、ご先祖様の供養をするお墓参りはとても大切。

知っておきたいお墓参りの花について、気になることをまとめました。

 

枯れない仏花は最近人気らしいです('ω')

スポンサーリンク

お墓参りの花の値段はどれくらい?

お墓参りでお供えする花は安いものでは1束300円くらい~1,000円くらいで売っています。

お供えする花は2束で1対
お墓参りの仏花代は600円~2,000円程度になります

 

お花屋さんに注文する場合は希望の花や予算を伝えるといいでしょう。
花屋さんで仏花を購入する場合の相場は1対1,500円~3,000円くらいになります。

故人が好きだったお花にこだわる場合は予算を多めに設定するようにすると、素敵な花束を作ってもらえますよ。

お墓参りの花「仏花」が売ってる場所

仏花が売ってる場所

・花屋さん
・スーパー
・ホームセンター
・コンビニ
・道の駅

 

スーパーによって違いはありますが、お盆お正月お彼岸のお墓参りの時期になると、仏花がたくさん売られるようになります。

日常的に仏花を置いているスーパーもありますが、たいていはお墓参りシーズンだけみたいです。

 

ホームセンターではお墓参りシーズンには大量に、安くで売ってることがあります。
花屋さんで買うよりもお得なので、人気もあるので早い時間に売り切れる可能性も。

墓地や霊園の近くだと、コンビニでも仏花やお線香、ろうそくを売ってることが多いです。

また、あまり気にしたことがないかもしれませんが、お墓参りの時期になると意外にも“道の駅”でたくさんの仏花が売られています
道の駅ならではというか、野菜などと同じくかなりお得な値段で買えるのですごく人気があります。

 

スーパーやホムセンでは数種類の価格の仏花がある場合、安いものから先に売れていくので開店~昼前には買いに行っておきたいところです

お墓参り花なしってあり?

お墓参り = 花を持っていく

と思い込んでいるかもしれませんが、そうでもありません

 

基本的にはお墓を守っている継承者がお墓参りでメインにお花を持っていくことになります。

実家であれば両親、義実家であれば義父・義母ですね。

その場合はいつも頼んでいる花屋さんにお願いしていることが多いです。
お墓参りに行く前に「お花を持って行っていいですか?」、「お花を持っていきましょうか」と聞いてみるといいでしょう。

相談無しで決めてしまうと、お花を持っていくのが被るかもしれないし逆にどっちも手ぶらなんてことにもなりかねません。

 

誰かがお墓にお花をお供えしてくれるなら、花なしでお墓参りに行くのはマナー違反ではありません。
ですが、「誰も花を持って行かない」という、お墓にお花なしの状態は供養しているといえるのかどうか・・・。

お墓参りはご先祖様や故人の供養と感謝を表し、子孫繁栄を願って行うものです。
感謝の意を表すという面から言っても、花なしは失礼にあたりますしご先祖様も悲しむのではないでしょうか。

スポンサーリンク

お花がないなんてことにならないように気を付けましょう。

お墓参りの花は造花もOK?

仏壇やお墓にお供えする花「仏花」は基本“生花”。

 

ですが、仏教では「作り物の花であっても作った人の労力や思いがこめられている」という教えがあります。

ということは、お墓にお供えするのは造花でも良いということになります。

 

生花よりも見栄えが良かったり、季節を気にせずにお花を選べるという点でいえば造花もありではないでしょうか。

造花の仏花が売ってる場所

生花の仏花は売っていないようなところに、造花の仏花は売ってます。

スーパーやホームセンターは同じですが、100均でも造花仏花は売っています。

100均だと少々貧相になりがちなので、単体の造花を追加して自作することができるので自由度が高いのが造花仏花のいいところかもしれません。

お墓参りで枯れた花はどうする?処分して大丈夫?

お墓参りに行ったときに気になるのがこれ。

お供えされた花が枯れていた場合どうしたらいいのか

 

お墓参りに仏花を持参していった場合であれば、枯れた花は処分してしまっても良いと言われています。

100パーセント枯れていた場合は処分しても大丈夫

もし数本だけまだきれいな花が残っていた場合は、その花だけを残して枯れた花は処分します。
そして、持って行ったお花を一緒にお供えするようにするといいでしょう。

墓地や霊園にはゴミ箱があるので、枯れた花はそこに捨てます。

 

お墓参りで枯れた花を捨てるのは、身内のお墓だけにしておきます。

知人や友人、恩師などのお墓の場合は、管理されているご家族と一緒に行くか、できなければ確認するように。

連絡が取れない場合は、枯れた花はそのままで持って行った仏花は墓石の前に置いておきます。

お墓参り【うちの場合】

私の実家のお墓参りでは、花屋さんで頼んだ生花をお供えします。

売っている仏花を使うと花立にいれても風で飛んで行ってしまいます。

その理由が「花立が浅いから」

売られている仏花は背が高すぎ(茎が長い)から、風のある日に飛ばされてすぐに行方不明になっちゃうんです。

だからいつも花屋さんにお願いするんですが、「短めに」というのだけを伝えて作ってもらっています。

 

母いわく、小ぶりの花束でお願いしているから花の量が少なくて割安だ、とのことです。

 

お墓のお花は、飛んで行ってどこのだれの花かわからなくなるので造花にすることができません。

しかし、うちでは普段のお仏壇の花は造花をお供えしています。

盆正月お彼岸だけ生花になります。

お墓参りで生花の仏花を注文するから。
ついでではありません!年中行事だから!です。

まとめ

お墓参りに持っていく仏花は1束600円~2,000円くらいで生花でも造花でもOK。

ご先祖様や故人を供養するという気持ちが大切です。

 

普及しつつありますが一般的ではない「造花仏花」は、自分の家のお墓で遠慮がいらない場合はありですが、それ以外は相談したり確認するようにしましょうね。

大事なのは、お墓参りしたときにお供えするお花がないという状況にならないように、ということです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました