親サンタクロースの終わらせ方!ばらし方!無理なくサンタ卒業する方法

サンタクロース終わらせ方 子育て

「サンタクロースの終わらせ方」、ちょっと悲しい響きですが子どもにサンタさんを卒業してもらう方法をお伝えしていきます。

子どもはサンタクロースをいつまで信じているんでしょうか。

大きくなっても純粋に信じている子どもや、早いうちに親がサンタさんだと気づく子ども、お友達から聞いてくる、など様々です。

クリスマスの朝目覚めるとサンタさんからのプレゼントがある、というのは夢があるステキなこと。

 

うちでは子どもが欲しい物を贈りたいと思ったので、早いうちにサンタクロースを終わらせて親からのプレゼントに移行しました。

気にしたのが「サンタクロースの終わらせ方」「ばらし方」です。

サンタさん卒業の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

サンタクロースからの手紙で終わらせる

いろんなご家庭でされているのが「サンタクロースからの手紙」で終わらせるという方法。

 

このやり方は、子どもがサンタクロースを信じている間にするのが有効かと思います。

 

親がサンタを装って書いているとバレるのはとても恥ずかしいし気まずいですからね。

あくまでもサンタクロースが書いたという形にして、親からの手紙だと思われないのが重要です。

 

そのため子どもが読めても読めなくても英語で手紙を書くのがオススメです。

サンタさんからの手紙という方法だと、子どもの夢を壊さずに卒業させることができます。

 

親がサンタクロースだとばらして終わらせる

子どもがうすうす『サンタさんは親なんじゃないか』と気づいている場合は、長引かせずにこちらからばらして終わらせてもよさそうです。

 

親サンタクロースのばらし方

サンタクロースの存在は否定せずに、親が寝ている子どもの枕元にプレゼントを置いていたことを正直に話します。

  • サンタクロースはいるということ
  • 親がプレゼントを用意しているということ

この二つを伝えます。

 

伝え方例

サンタさんはいるけど、世界中の子どもにプレゼントをあげるのに忙しいからお母さん、お父さんが変わりにプレゼントを買っているんだよ

 

事実、フィンランドにはサンタクロース村があります。
サンタさんは世界中に数人います。

クリスマスシーズンにはテレビに出たりもするので、目にすることもあるでしょう。

できればファンタジーの世界のサンタさんを信じていて欲しいという場合は、そこまで説明しなくても良いかもしれません。

 

サンタさんからのこっそりプレゼント終了後は

  • 欲しいものを一緒に買い行く
  • 今欲しい物を聞く
  • 親からのプレゼントは実用的なものを贈る

などいろんな選択肢ができます。

 

我が家で実行したサンタクロースの終わらせ方

うちは子どもが小学生・未就学児の時に親サンタをやめました。

サンタからのクリスマスプレゼントは何歳まで?サンタ卒業のメリットとは
クリスマスが来るたびに悩むのが、サンタからのクリスマスプレゼント。サンタ・親からのクリスマスプレゼントは何歳まで渡していたかについてまとめました。子どもが6才くらいの時にサンタ卒業した時のメリット・デメリットについてもお伝えしていきます。

 

クリスマスプレゼントがもらえるなら、サンタさんでも親でもどっちでも良いという受け止め方でした。
それほどサンタさんを信じていない子だとすんなりと終わらせられるんだと思いました。

ある意味夢が無いというとらえ方もできますが、現実的であると前向きに考えています。

 

さいごに

サンタクロースからのプレゼントはクリスマス特有のワクワク感と相まって、子どもにとってとても待ち遠しいものです。
それを終わらせてしまっていいのか、いつ終わらせたらいいのかは親としても悩むところ。

家庭によって終わらせ方や終わらせる時期は異なりますが、子どもが納得できるようにしたいですね。

 

子ども達を傷つけることなく、親としてもベストな時期・方法でサンタクロースを卒業する日がくることを願っています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました