Amazonなりすまし?偽メールはこうやって見分けてます!【偽メール例も】

偽メール 服装・持ち物

アマゾンユーザーだと1回はあるんじゃないかと思いますが、偽Amazonメールがくることがあります。

警告メールだとちょっとびっくりしてメールを開封してしまうし、内容によってはメール内のリンクをクリックしてしまいそうになります。

ここではAmazonのなりすまし偽メールどうやって見分けているのかについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

Amazonのなりすまし・偽メール【一例】

ここ数か月で受信したAmazonからのメールを紹介します。

 

・植物油をおさがしですか?
・〇〇さん、お買い上げの「Amazon.co.jp限定」じゅじゅつっち す・・・
・お客様のアカウントからの異常なアクティビティが見つかりました。
・Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります
・Amazon.co.jpからのお知らせ
・[緊急]Amazonアカウントが制限されようとしています!
・Amazon.co.jpのご注文(〇〇)の商品1点がはっそうされま・・・
・Amazonセキュリティ警告:この手順を実行しました。提供された情報は・・・

 

これはYahoo!メールなんですが、送信者が「Amazon.co.jp」や「Amazon」、「Amazon レビュー」になっています。

 

全部本物っぽく見えますが、半分以上が偽物・なりすましです。

[緊急!]とタイトルに入っているのが一番厄介というか、目にしたら『ドキッ!!』となります。

これは一例なので、もっと緊急性のあるメールもあれば明らかに胡散臭いメールなどいろいろあるでしょう。

 

Amazon偽メールの見分け方①:文字が変

「Amazonセキュリティ警告:この手順を実行しました。提供された情報は・・・」というタイトルで送られてきたメールは、わかりやすくおかしなところがありました。

 

 

 

 

 

「Amazon」ではなく「Amαzon」になっています。

 

⭕ a (小文字のエー)

❌ α (アルファ)

わりとわかりやすいので、なりすましだと判断できました。

 

Amazon偽メールの見分け方②:メールの宛名が変

「誰々さん、こんにちは」

と始まるんですが、Amazonからのメールはだいたい名前(アカウント名)に対して呼び掛けてきてくれます。

 

偽物くさいメールは呼びかけ方が一味違いました。

 

「親愛なる顧客」ってちょっと変な感じがします。

 

もしかしたら本物のメールでも「親愛なる顧客」呼びされていることがあるのかもしれないので、その時は教えていただければ嬉しいです。

 

Amazon偽メールの見分け方③:送信アドレスをチェック

お気に入り商品の登録が多いとアマゾンからのお知らせが毎日来ることもあります。
値下げされたときや入荷した時などはとても便利です。

 

Amazonからのメールが来たときは送信アドレスをチェック。

これは自分の閲覧記録や購入履歴に基づいて送られてきているので、本物でした。

アドレスも「@amazon.co.jp」です。

 

 

こちらは偽メール

 

@以下がamazonではないのでかなり怪しい。

 

ほかにもチェックポイントはあります。

@以下だけではなく@の直前もチェック!

アドレスの@直前に「noreply」「no-reply」がついているのも怪しいです。

 

これは100%の見分け方ではありませんが、ちょっと怪しいと疑ってほしいと思います。

“noreply”は「このメールには返信できない」というような意味のメールアドレスです。

 

 

本物メールでも「no-reply」がついていることもあるので、内容から確認することになります。
このメールの場合は@以下や内容で本物だと判断できました。

 

Amazon偽メールの見分け方④:中のURLをチェック

「noreply」がついているし@以下がamazonではないので、かなり怪しいと思われるメールがこちら。

 

 

支払い方法に問題があるといわれるとちょっと緊急性を感じます。
これはクレジットカードの番号を入力するように誘導されている雰囲気を感じます。

 

 

これはパソコン上での確認方法になりますが、「支払い方法を更新する」というボタンにカーソルを合わせると左下にリンク先のアドレスが表示されます。

このリンク先アドレスはアマゾンと全く関係ないものでした。

 

パソコンやWebブラウザによって違いがあるかもしれないのでチェックしてみてください。
怖くてクリックなんてできません((((;゚Д゚))))
クレジットカードなどの情報を入力しなければ安全かもしれませんが、リンクをクリックしただけでいろいろ不具合が起こるのは避けたいのでノータッチ一択
怪しいメールはメール開封しないのが一番なので、受信画面で送信先にカーソルを合わせて表示されるメールアドレスで判断するのが最も安全です!!

まとめ

アマゾンから受信したメールについて、「偽メールやなりすましの見分け方」をご紹介しました。

私が偽メールを判断しているときのやり方になります。

Amazon偽メールの見分け方
1.文字が変
2.メールの宛名
3.送信アドレス
4.本文のリンク先URLをチェック
スマホだと間違ってクリックしてしまうので、怪しいメールはパソコンで確認することをおススメします。
[緊急!]というメールが知らないところから来た場合は、かなり怪しいと疑ってみて間違いありません!
偽メールやなりすましに注意してください!!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました