ハーバリウムはいらない、人気ない?良さがわからないらしいのでプレゼントに選ぶときは注意!

ハーバリウムはいらない お役立ち

花の贈り物は生花の花束だけではなく「ドライフラワー」や「ハーバリウム」などがあります。

そのまま飾れておしゃれなアイテムの「ハーバリウム」ですがプレゼントにいらないと微妙な意見も。

 

そんな微妙な立ち位置の「ハーバリウム」について、もらう時の本音などについてまとめました。

興味がない人からすると「ハーバリウム」って何の液体に浸かっているのか用途不明に思うかもしれませんね。

created by Rinker
プリザーブドフラワーカフェ
¥2,200 (2022/11/28 10:22:51時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

ハーバリウムはいらない?

プレゼントにハーバリウムをもらって「嬉しい派」と「いらない派」の意見について調べてみました。

 

【ハーバリウムいらない】

 

【ハーバリウム嬉しい】

 

自分好みのハーバリウムを手に入れる楽しみも。

 

プレゼントは物自体よりも『気持ち』が大事
とはいっても自分の趣味に合わないものはもらって困ることもありますよね。

ハーバリウムがいらないと思われる理由はいくつかあります。

 

ハーバリウムがありがたがられない理由

ハーバリウムは観賞用で実用性はありません

そこは生花でもドライフラワーでも同じですが、ハーバリウムがあまり喜ばれない理由として「ハーバリウムの良さがわからない」というのがあります。

 

トラックのシフトレバー・・・。
確かにそういうカスタムパーツみたいなのがあるイメージです。

 

さんざんな意見もありますが、ハーバリウムには良いところだってちゃんとあります!

ハーバリウムのメリット・デメリット

ハーバリウムは、生花と違って水を替えたり手入れをする必要がありません

そのまま、ただ置いておくだけで良いし、花瓶に生けるセンスも必要ありません。
しかも生花よりもずっと長持ちするんです。

ハーバリウムのメリット
・手入れが不要
・長持ちする
・おしゃれで飾りやすい
・手作りできる

 

もちろんデメリットもあります。

ハーバリウムのデメリット
・捨てるとき面倒
・取り扱いに注意が必要
・落ちると処理が大変

手作りハーバリウムは嫌がられる?

ハーバリウムは手作りできるので、自分好みの物を作る楽しみがあります。
ついつい誰かにあげたくなりますが、ハーバリウムの手作りプレゼントをするときは注意が必要です。

というのも、ハーバリウムは嫌いではないが素人の手作りは迷惑だと感じるケースがあるから。

 

気心知れた仲や家族へのプレゼントであれば前もってハーバリウムが好きか嫌いか、手作りを贈って喜んでもらえるかのリサーチができますね。

 

【実体験】
母の日に生花よりもハーバリウムが良いかとリサーチしたところ、「捨て方がわからない」「捨て時がわからない」と“処分する前提”で答えが帰ってきました。
確かに生花やドライフラワーと違って馴染みがないと捨て方に迷うだろうと思います。もらう前から捨てるときの心配をするなんて、と思いますが家族だし気持ちは理解できます。

ハーバリウムの捨て方

瓶に入っているのでまずは中のオイルと草花を分けます。

草花は新聞紙などに包んでゴミ袋に入れ、燃えるゴミに。

オイルは「オイル吸着剤」や「オイルふき取りマット」にしみ込ませて燃えるゴミで捨てます。
新聞紙でもよいですが、専用の物のほうが処理が簡単です。
ホームセンターで売っています。

オイルと草花全部まとめてマットに出してしまっても良いです。

 

キャップと空き瓶はオイルをふき取り、食器用洗剤か専用洗剤でキレイに洗って自治体の指示に従って分別して捨てます。

ハーバリウムに使われているオイルはおもに2種類。
「ミネラルオイル」と「シリコンオイル」で、瓶を洗うときは種類によって洗い方が異なります。

・ミネラルオイルの場合…食器洗い用の中性洗剤で洗えます。
・シリコンオイルの場合…ハーバリウム用シリコン洗浄剤「ハーバリーナー」などを使って洗います。

 

オイルの種類によっては、繊維に染み込んで落とせなくなるので、服や家具には付かないように注意が必要です。

 

ハーバリウムの捨て時、期限

ハーバリウムの寿命は約3カ月~1年
それより短くても中のオイルが濁ってきたら捨て時です。

保存状態によって期間は変わりますが、植物の色が落ちる、オイルが濁るなど飾っていてきれいな状態ではなくなってしまいます。


日光により色褪せして白っぽくなってしまったハーバリウムは残念ですが捨てるタイミングです。

 

ハーバリウムの花の色が落ちる原因は紫外線です。
長持ちさせるためにも日当たりの良いところや直射日光は避けて飾りましょう。

 

また、安全の面からも直射日光の当たるところは避けてください。
オイルが使われているので、火の気のある所や高温になる場所に置くのは危険をともないます。

さいごに

「何のために使うのか」「良さがわからない」と、興味のない人にとってはあまりもらいたくないハーバリウム。

頂いたらそのまま飾れて手がかからない、なにげにおしゃれと良い点もあるので、リサーチさえしっかりすればプレゼントしても喜んでもらえます。

 

あげる人によっては食べ物と間違えるケースもあるので、説明が必要かもしれませんね。

 

ハーバリウムよりもブリザーブドフラワーのほうが相手への負担も少なく、花のプレゼントをもらったと実感できるかもしれませんね。
使いかたや捨て方に悩むことも無く、喜んでもらえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました