ゴキブリの侵入経路、マンション・ 一戸建てどこからでも!!

暮らしの中の虫

ゴキブリが今までいなかった家、部屋なのになぜか見かけるようになった、ということはありませんか。

どこからでも侵入してきますし、思ってもみない方法で入り込んでいることがあります。

ゴキブリの侵入経路についてお伝えします。

マンションの高層階にいるからって、油断はできません。

スポンサーリンク

ゴキブリの侵入経路

どこからゴキブリが侵入して来るか、その侵入経路はマンションも一戸建てでも同じです。

『わずかな隙間があればどこからでも入ってくる』のです。

 

  • 窓・ベランダの戸のすきま
  • 玄関ドアのすきま
  • 窓・ベランダ・玄関の開け閉めの際
  • 換気扇
  • 通気口
  • エアコンの配管の穴
  • エアコンの排水口
  • お風呂・台所・洗面所の排水溝
  • 台所・洗面所の排水管の根元
  • 洗濯機の排水管

家やマンションにはこんなにたくさんの侵入口があるのです。

わずか2,3ミリの隙間があれば、もぐりこんでくることが可能なゴキブリ。

 

他にも外部から持ち込んでいることも。

宅配便の段ボールに卵が付着

靴で卵を踏んづけて帰宅

衣服・かばんにもぐりこんでいた

これは気づかない限り、防ぎようがないくらいの侵入方法です。

バッグに入っているのをみたら叫んじゃいますね。

 

予防するとすれば・・・

 

宅配便は玄関で開封して段ボールはすぐに捨てる。

といっても資源ごみで出す場合、日にちがあります。

すっぽり入るごみ袋やビニール袋に入れておくといいですね。

卵チェックができそうなら、見ておくと安心です。

スポンサーリンク

 

靴に付着してくる卵は、玄関でチェックですね。

ゴキブリの卵の大きさは約1〜1.5cmと見てわかるのでついていたら気持ち悪いですが、潰してしまいましょう。

卵には殺虫剤が効きませんので、潰すのが最適な方法です。

 

かばんや服についてくる、についてはこれまた玄関で上着を脱いでチェック!

かばんの中も全部出してチェック!!

が一番手っ取り早いです。

かばんは外では床に置かないように、開けっ放しにしないように心がけましょう。

ゴキブリを寄せ付けない!侵入経路をなくす

まだゴキブリに遭遇していないのであればラッキーです!

もし家にいるという場合も、出て行ってくれることはまずないので、隙間は埋めてこれ以上の侵入は阻止しましょう。

 

また、ベランダや玄関周りにはスプレーしておくだけで虫を寄せ付けないというタイプの殺虫剤をまいておくのがおすすめです。

小さい子供がいる場合は、殺虫剤の使用は気になります。

少し効果は落ちますが、ハーブを使用したナチュラルなタイプのスプレー剤を使ってみてください。

ゴキブリの原因。急に出るようになった、大量発生はなぜ起こるの?
今までゴキブリなんて見たこともなかったのに、急に目にする回数が増えたとか、冷や汗ものですよね。 部屋を汚くしていたならともかく、いつも掃除してきれいにしていたのになんで!!!ってなります。 ゴキブリ発生の原因がわからないと、本当に気持ち悪くて、精神衛生上悪いですよね。 退治するのも一苦労ですが、なんで発生したかわからないと永遠の戦いになります。 今までいなかったはずなのに、家にゴキブリが出る原因についてお伝えします。 どちらかというと知りたくなかった・・・となりそうな事実も。

さいごに

私が今住んでいる家ではあまりゴキブリをみません。

ただ、(手入れのされていない)芝生や草ボーボーの環境で、ムカデがめちゃくちゃ多いです。

 

夏になると、お風呂掃除中に浴槽の排水口から入ってくるのを目撃しました。

速攻で水で流して栓をしましたが、おそらくGでもこんな風に入り込んでくるんだなあと思いました。

ゴキブリやむかでに効くという、まいておくスプレータイプの薬剤を使いたいのですが、子どももいるし居ついている猫もいたりで安全安心ではないんですよね。

 

また、排水管の隙間は絶対埋めておくべきだと思います!

ゴキブリではなくネズミが出るので調べたところ、洗面所の排水管の根元がかなり怪しいと判明。

 

ちょっとしたすきまから入り込んでくるってわかっているのに、なぜ建築段階で埋めてくれないのか、本当に疑問です。

最初からパテで埋めるか、隙間ができない構造にしてもらいたいものです。

住宅メーカーには、「ゴキブリが侵入できない家」をお願いしたいです。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました